村田聡美さんに学ぶ「精神まんぷく」

投稿日: 2019年7月3日  | カテゴリ: メールレター

「食を変えると人生が変わる」を悟得している、大阪の飲食店「ゆにわ」の村田聡美さん。
お会いしたことはありませんが、考え方など共感できることがたくさんあり、
学ばせていただいています。

ゆにわは自然食の枠を超えた、古くて新しい飲食店。

食からおなかも心も満たされる「精神まんぷく」を提唱している、
村田聡美さん、相性「ちこさん」がこんなことをおっしゃっていました。



「持って生まれたその人固有の性質があります。
あるがままの自分を変える必要はありません。

私たちはある実験をしています。
8人のスタッフが同じレシピ、同じ環境、同じホームベーカリーを使って、
パンを焼きます。

するとどうでしょう。
なんと、8人のパンが、違う味、風味、食感、膨らみ具合に焼き上がります。

その人間が持つ、固有の気が、パンの気に移っているのです。

大柄で、筋肉質で、律儀者が焼いたパンは、ボワッと大きいのに、味はしっかり、固めのパンになります。

細身でやさしい性格の者が焼いたパンは、ふわっとした、味も食感もやわらかいパンになります。

面白いことに二人でつくると、その二人なりのパンになります。」



料理の質を決めるのは、
どんな食材でどんな技術を使ってつくるのかということよりも、

どんな想いで作られたか、
もっと言えば、誰が作ったのか、
つまり、どんな気質を持ったひとが作ったか、

ということが大切なのかもしれません。

料理をつくるひとは、
それを食べるひとが体に取り込むまでの、
最後に手をかけるひとです。

自分の気の状態を意識して、お支度をしていきたいと思いました。

家庭でも、
自分の元気を乗せるように、お支度をしてみてください。
きっと自分も含め、愛する人に伝わります。

料理だけでなく、
誰かのことを想い、贈り物をするときも同じだとおもいます。

新着記事

「聴く」というのは、耳、+(足す)、目、そして心を添えてできる字です。それは、ひとの親切さを聴き、心配りを聴き、ひとの想いに自分の心を添えて聴くことです。自分に向けていただいている想いに、気づけるように、そして自分の中の「ありがとう」を届けられるよ

幸せ、というものは勝ち取るものではなくて、感じるものです。「自己成長と他者貢献」にヒントが隠されています。「人より優れたい」は敵対が前提で、失敗は敗北、ですが、「誰かの役に立ちたい」は一体感が前提で、失敗は財産、だと思っています。だから、私は、何か

尊敬する料理家の辰巳芳子さんから影響を受けた言葉、「頑張るんじゃなくて、気持ちを上げる」同じく尊敬するゆにわ店主の村田聡美さんの言葉「心のステージを上げるコツは自分自身を頭上15センチ上から眺めるようにすること。」人生はあなたが主役であって、感情は

人気記事

むすこが、パパの真似をして読書をしています。「ふむ、ふむ」と言っていました。 子どもは親のことをよく見ていますね。子どものすることで、イラッとすることが、よく考えてみると自分の真似だったりします。 ※息子がおはなしを作ってくれたので、紹介します。 

【偶然を楽しみたい人は、ぜひ参加してください。】 偶然を楽しみ、縁を紡ぐ会「ロケット会」を定期的に開催します。 ロケットカフェの飲み会です。 年末のロケットカフェ忘年会がかなり良かったので、定期的に開催することになりました。 偶然と

寒いですね。「肝心」はもともと「肝腎」だったそうです。肝臓は、気力の宿る場所、腎臓は、精気の宿る場所、と言われていたそうです。 冷えるこの季節。代謝を司る「肝臓」と「腎臓」をあたためて、元気に乗り越えていきましょう。 背中にカイロを貼ったり、湯船に

関連記事

先日、息子とともに風邪をひきまして悪寒と頭痛に見舞われました。最近、体感として効果が高いなと思ったのが、葛根湯。飲むと、スーッと身体が楽になるのを感じます。葛根湯派、水で飲んでしまうより、お湯に溶かして飲むほうが効果が高いと言われています。おすすめ

料理は技術や知識よりも、想いが込められているかどうかが大切です。昭和57年の料理本「帝国ホテル料理長 村上信夫の挽き肉料理」という本があります。私が2歳のときの本で、慎重に開かないとばらばらになってしまうような本です。昔の料理本には、はっとさせられ

尊敬する料理家の辰巳芳子さんから影響を受けた言葉、「頑張るんじゃなくて、気持ちを上げる」同じく尊敬するゆにわ店主の村田聡美さんの言葉「心のステージを上げるコツは自分自身を頭上15センチ上から眺めるようにすること。」人生はあなたが主役であって、感情は


アーカイブ

2020

最新記事

お知らせ

メールレターご登録で、お飲物1杯プレゼント!

 

mag.png

 

メールレターは、店主がロケットカフェで日々過ごす中で、
感じたこと、気づいたこと、考えたことなどを、週に1回ペースで、お手紙のようにお届けしていきます。

裏メニューやプレゼントなども配信します。

ご予約・持ち帰りご注文

 

03-3983-2225

 

※手の空いていないときは電話に出ることができません。

※Web予約をご活用ください。

>>Web予約<<

 

営業案内

※8月19日より下記営業時間になります。(閉店時間は8月末までは22:00)

〈 火、水、木、金、土 〉

Lunch① 12:00〜14:00(L.O13:15)

Lunch② 14:15〜16:15(L.O15:30)

Dinner 18:30〜23:00(入店21:00まで)

〈 日 〉

Lunch 12:30〜15:00(L.O14:15)

 

〈お休み〉 月曜+不定休

※予約を中心に営業しています。

※席数の少ない小さなお店ですので、ご予約の上ご来店ください。

※予約のない時間は閉店している場合があります。

ROCKETCAFEでは皆様それぞれの過ごし方が正しい過ごし方。

 ここが皆様にとって「我が家」のような場所になりますように・・・

店主
岸山尚史

所在地

〒171ー0031
東京都豊島区目白2−16−20 大黒ビル2A

山手線池袋駅 東口 徒歩9分

山手線目白駅 徒歩9分

副都心線雑司ヶ谷駅 2番出口 徒歩4分
近隣にコインパーキングあります